メニューボタン

最新刊

  • 華夏 時をかける皇子
    美波フユ
    イラスト/壺也

    定価 本体540円+税

    現代の青年が突如、華夏国の皇子に……?


    中国の遺跡を旅していた連城愁哉は、現地で店を営む朝井侑次郎という青年と出会う。しかしその直後、愁哉は事故で瀕死の状態に。次に目覚めたときには、古代中国にも似た謎の大国≪華夏≫の少年皇子・廉愁になっていた。
    廉愁皇子は十六歳の誕生日を前に呼吸が止まり、死人寄せの術で蘇生したのだという。そうやら愁哉はその際に、自らの意識を保ったまま廉愁となってしまったようだった。しかも目の前には朝井とよく似た男・李鳳麗がいる。廉愁として生きるほかなくなった愁哉は、皇子の周囲のきな臭い状況と、その誕生の秘密を把握し始めるが……。

    ためし読み 本を購入
  • 星の鏡は輝かない 紫微国後宮秘話
    宮池貴巳
    イラスト/由羅カイリ

    定価 本体540円+税

    神鏡の欠片を宿した李成君の婚活の行方は?


    「私は、なにがなんでも結婚がしたいんだ……!」
    美しく凛々しい李成君は、生涯独身を命じられた南天宮の道姑。しかし理想の伴侶とめぐり会うことを夢見た成君は、女ばかりの宮観を抜け出して婚活の旅に出ることに。そこへ南天宮から「六星鏡」盗難の報が入る。「七星剣」と並んで皇位継承の証となるその神器が失われたとなれば、大恩ある観主が責を問われかねない。そこで成君は、彼女を連れ戻そうと追いかけてきた幼馴染みの青年・喬賀とともに、都で神鏡を捜索しようとするが……。不思議なことが起こる紫微国を舞台とした最強の中華風ファンタジー!

    ためし読み 本を購入


  • TOPに戻る